≫パリでプチ生活

パリ生活:電圧に注意!

2017/02/05

朝6時頃、コーヒーを淹れるために持参した簡易ポットでお湯を沸かそうと電源をつけた途端ブレーカーが落ちた。シャワーを浴びた後だったので髪の毛も乾かしたいし、これは困ったとフロントに電話するも繋がらず。よく見るとフロント業務は朝7時からと書いてあった。

外は真っ暗で電気がないと一歩先も見えないので、仕方なく7時になるまで謎に3つもあるベッドでゴロゴロ。電源はテレビと暖房にしか使っていなかったので、小さいポットひとつでブレーカーが落ちるのかとがっかりしつつ、一向に明るくならないパリの街並みを眺めながら時間を待ちます。

カシムラ,world pot
その名も「WORLD POT」

7時になり、フロントに電話してブレーカーを見てもらうように頼むと、オーナーの男性が私の部屋の階まで来て「ブレーカーどこだっけ?」とアワアワしながらフロア中を探し回りようやく見つけてくれた。「朝早くから本当にごめんなさい」というと「いやいや全然いいんだよ!よかったよかった」と笑ってくれて、口コミどおり本当に良い人だと思いました。帰る日に申し訳程度のミソスープを渡そう。

あ〜これで一安心と思うも束の間。ポットの電源をブレーカーが落ちたときに抜かなかったので、即行で再びブレーカーが落ちる。さすがにまた呼びつけるのも申し訳ないので、さっきオーナーが向かった方向へ行ってみるとブレーカーを発見。明らかにひとつだけ下に下がっていたので、部屋からイスを運んできてブレーカーを直しました。

ブレーカーが落ちた原因はいかに・・・

おかしいなあ、こんな小さいポットにそんな威力があるだろうか、と注意深くポットを眺めていたら、電圧が100〜130Vの方に向いていたのでもしや?と調べてみたらやっぱりコレが全ての原因でした。

持ち運び,電気ポット
ココを国毎に合わせて切り替える

フランスの電圧は220〜240V。電圧を変えて使ってみたら変な音もしなくなり普通に使えました。電圧って重要なのね・・・と初めて気がつく。これがないと電子レンジも何もない私のホテル生活が早くも終わってしまうところだった。注意が足りなかったと反省。また一つ勉強になりました。

この記事をシェアする!
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

-≫パリでプチ生活


コメントをする

関連記事

セーヌ川,パリ,観光,2月

パリ生活:日曜日のノートルダム大聖堂

パリの日曜日。連日の雨。旅行者の私にとっては平日も休日もありませんが、あまりにパリに来た感じがしないので、少し散歩してみ …

ルイヴィトン,パリ,本店

再びパリ生活:ルイ・ヴィトンのひどい話

パリ滞在最終日の前日、頼まれたものがあり、生まれて初めてルイ・ヴィトンで買い物をする。そして買い物を終えたときには気分最 …

ピカルディ・ホテル・ガル・デュ・ノール,パリ,10区,治安

宿泊先まとめ:パリ10区「ピカルディ ホテル ガル デュ ノール」

帰国までの3日間はシャルル・ド・ゴール空港まで一本で行ける、パリ北駅すぐ横の超駅近ホテルで過ごしました。まあこのホテルが …

プロフィール

名前:haruno / 気が向いたときにサクッと一人旅するのが好きな東京人です。だいたい映画と旅行と美味しいもののはなし。 more