≫パリとその周辺

そうだ、モンマルトルに行こう。

2017/08/13

そうだ、モンマルトルに行こう。久しぶりに観光地図を見て、あれ、そういえば行ったことないなと。久々に観光らしい観光をした。

Sponsered Link

そしてモンマルトルが想像以上に楽しかった。サクッと行って帰ってくるつもりだったのに結局3時間くらい過ごしてしまい、観る予定だった映画の上映時刻を逃す。ある意味嬉しい誤算ですが。

モンマルトル,パリ,旅行記
人、人、人!

メトロ2号線のAnvers(アンヴェール)駅を出ると間も無くいかにも観光地らしい光景が。200メートルくらいのお土産街を抜けるとあるのがモンマルトルの丘とサクレ・クール寺院(モスクみたいな形してるやつ)。観光客やら地元の人やらでわさわさしてます。賑やかなので、それだけで楽しい。

モンマルトル,パリ,旅行記
すごくお国柄が出ている気がする写真

とりあえず芝生を見ると座ってくつろぎたくなるのがヨーロッパの気風なんだろうか。この光景がすごく好き。寝てようとお酒飲んでようといちゃついてようと、誰も何も気に留めない。すごく自由で、すごく素敵な国だと思う一瞬でもある。こんな光景の隣でテロが起きているなんて信じ難い。

そしてここにも日本人はほとんど見かけませんでした。この滞在中、意識的に観察しても滅多に日本人観光客を見かけない。せっかくの夏休みなのにもったいない・・・。この前話したフランス人も、日本人観光客がいなくなったことを少し悲しんでいた。

モンマルトル,サクレ・クール寺院,観光
いかにも都会的な景色

さて、モンマルトルといえばパリで一番高い丘。厳密にいえば上の写真は頂上ではないけれど、だいたいこんな景色。無機質的な色合いで感動するようなものではないですが、都会らしくて一見の価値はある眺め。なにより風が心地よい。

たまたまサクレ・クール寺院の前でウェディングドレス姿の中国人女性とフランス人男性を見かけて、その数日前には白人男性と黒人女性のウェディングを見かけて、ほんとにさ、なんて良い国なんだ。

Sponsered Link

モンマルトル,パリ,似顔絵
物色中のおじさん画家

モンマルトルで一番良かったと思う場所が、サクレ・クール寺院を抜けたところにある繁華街。土産屋とレストラン、そしてたくさんの画家。アーティスティックである意味一番パリらしい場所かもしれない。

ただ注意したいのは、似顔絵を描きたくて仕方のないおじさん画家たちが、ちょっと写真とるために立ち止まろうものならすかさず「描いてあげる」と何やら描きだすこと。見ればレストランで食事中の旅行者たちにもお構いなく攻めていくので油断して描きはじめられたら終わり。もちろん欲しい人ならいいけど。自分の肖像画なんて何が何でもいらない・・・。

モンマルトル,パリ,旅行記
ごった返してます

こんな感じでメインの広場にはずらーっと画家たちがいて、似顔絵描いたり、風景画の販売とかをしている。モンマルトルいち混雑してる場所。さらに至る所に大道芸人がいるのので人溜まりが多くて動くの大変。でも観光地に来た感じがして楽しいです。

モンマルトル,レストラン,スイーツ
ここでもマカロン

随分満喫したところで。通りがかりのケーキ屋さんにてお決まりのおやつを買って〆る。電車かバスでこないとちょっと辺鄙な場所にある気もしますが、心地よい散歩道でした。また来よう。

この記事をシェアする!
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

-≫パリとその周辺


コメントをする

関連記事

ラジオ・フランス,パリ

パリでビートルズ

ラジオ・フランスで開催されていた”SGT PEPPER’S EXPERIENCE”に …

8月,パリ,観光

夏のパリが最高だった件について

前日にTravel Wi-FIというフランス会社のWi-Fiを予約していたので、シャルル・ド・ゴール空港でピックアップ。 …

パリ,8月,女一人旅

パリ市内を散歩

パリに来てから毎日映画を見るかDVD探すかしかしていなかったので、晴れた一日使って散策。9時くらいにアパートを出てノート …

プロフィール

名前:haruno / 気が向いたときにサクッと一人旅するのが好きな東京人です。だいたい映画と旅行と美味しいもののはなし。 more