≫パリとその周辺

夜行バスでパリに戻って朝散歩

2017/09/02

コルマールから夜行バスでパリに戻ってきた。コルマールでバスに乗り込んだ時はガラガラで超快適〜!と、2席分使って熟睡し、目が覚めて車内を見渡したらほぼ満席でぎょっとする。あまりに疲れて一度も目覚めなかっただけに全く気がつかなかったけれど、あの後にも相当停車駅があったらしい。

Sponsered Link

全員座れてるからまあいいかと納得して、約7時間半くらいでベルシー駅に到着。6時台のパリはサマータイムのせいか、意外と明るかった。パリで気に入っているプラス・ディタリーの駅近くのホテルを取っていたので、荷物だけ預けて街ブラへ。

朝の遅いヨーロッパなので、早朝はほとんど店も開いていないし、人も少ないしでとても気持ちがいい。見ようによっては不穏な雰囲気かもしれないけど、まあ朝が遅いのはホームレスも悪い人も一緒でしょう。みんなまだ寝てるのか、恐ろしいほど静かで良いです。

EXK,パリ,旅行記
焼きたてのクロワッサンが美味い

プラスディタリーからオペラ地区に向かって1時間くらいただ歩くだけ。だんだん(というか結構な勢いで)日が昇るのを感じながら、早々にパリに戻ってきちゃったなあとなぜか感慨にふける。今回は異様に楽しい。パリの人がパリにいないから?単に夏の気候がそうさせているのか?どうでもいいけどここから離れたくないっっと駄々をこねたくなる。そんな夏の朝。

あんなに寝たのに歩きながら寝そうになったところでカフェで朝ごはん。EXKというカフェは結構店舗があって一休みしたいときにちょうど良い。9時頃入ったらクロワッサンが焼きたてでほっぺが落ちた。

フランスのクロワッサンの美味しさには毎度感心する。どこで食べても確実に美味しい。大きく膨らんでいるものより細くて小ぶりなほうが生地が詰まっていてバターの味がして断然美味しいことに気がついた。

ル・グラン・レックス,パリ,映画館
ル・グラン・レックス

部屋のチェックインまで少し時間があるし、一本映画でもみるか!と張り切ってパリの歴史ある映画館ル・グラン・レックスに行ってスケジュールを見たら、観ようとしていた映画『ダンケルク』がまさかの吹き替え上映。1日6回上映しているのに字幕上映なのは夜2回だけ。フランス人がなんでもかんでも吹き替えでみたがるのは重々承知していても、『ダンケルク』さえも2/3が吹き替えとは・・・。まったく解せない。

パリ,治安,リヨン駅
この落書きがめじるし

比較的どうでもいい映画だったらまあいいかと観るところでも、さすがにノーランの映画を吹き替えはちょっと無理。諦めてトボトボ歩いていた時にひどく治安のよろしくない場所を見つけたので念のため。

シテ島からセーヌ川に沿って歩いていき、リヨン駅に近いシャルル・ド・ゴール橋の右岸側。橋下に、それはもうたいそう立派なホームレスのお家がありましたので要注意かもしれません。高さ2メートルくらいの(全面落書きの)木板で囲まれたスペースに、開閉式のドアっぽいのがついていて、橋の上から覗いたら中に4〜5人の人が寝ていたり、棚が置いてあったり、本当にリアルな家だった。

そしてしばらく観察していたら、中から凝視されたので怖くてスッと逃げる。

そもそも観光客でこのあたりを歩くような人はあんまりいないと思うけれど、リヨン駅を使う人は多そうなので地図を貼っておきます。リヨン駅の周りも、雰囲気悪ぅ〜って感じで用がなければ近づきたくない雰囲気でした。TGVなどで利用する方はどうぞお気をつけて・・・。

この記事をシェアする!
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

-≫パリとその周辺


コメントをする

関連記事

エギスアイム,フランスで最も美しい村,観光

フランスで最も美しい村「エギスアイム」へ

朝10時過ぎにチェックアウトして、向かったのはコルマール。ストラスブールから電車で約30分で、だいたい30分に一本くらい …

ラジオ・フランス,パリ

パリでビートルズ

ラジオ・フランスで開催されていた”SGT PEPPER’S EXPERIENCE”に …

le champo,パリ,映画館

カルチェ・ラタン周辺のミニシアター

天気は良いけど構わず連日映画を見る。この日はLE CHAMPOというミニシアターで『殺し屋とセールスマン』と『卒業』の2 …

プロフィール

名前:haruno / 気が向いたときにサクッと一人旅するのが好きな東京人です。だいたい映画と旅行と美味しいもののはなし。 more