▷おでかけとイベント

ふらっとサロショ東京2021【購入品とか】

2021/01/22

毎年なんだかんだ行くけど、今年はどうしようかなーと思いつつ、やっぱり行ってしまった今年のサロン・デュ・ショコラ。これといって目的もなかったけど『パティスリー ジュン・ウジタ』のキャラメリゼバナナの板チョコだけは気になってたので朝イチ行ってきました。

Sponsered Link

今回は伊勢丹新宿の催事場での開催で、入場料は無料!さらにPart1とPart2で出店ブランドが総入れ替えという、こんなご時世でもファンは2回行かざるを得ないという地味にツライ仕様です(笑)

サロショ, サロンデュショコラ, 伊勢丹新宿, 2021
入り口

意外と空いてたサロショ会場

それではさっそく入場!開店前に並ぶのはめんどくさかったのでオープン30分後にイン。おかげさまで並ばず入場できました。

今年は入場時間が決められたチケット制だったせいなのか、パトリック・ロジェとかベルナシオンとか、サロショの華とも言える有名ショコラティエがこぞってPart2に振り分けられているからなのか、人はいるけど思ったより混んでいなくて快適。

サロショ, サロンデュショコラ, 伊勢丹新宿, 2021
開店1時間後でこれくらい

ただ、、なんとまさかの、わたしの唯一の目当てだった『パティスリー ジュン・ウジタ』だけ鬼ほど並んでた・・。都内にあるお店だからまあ平気でしょ!と余裕かましてたツケが早速きました。

「在庫が少なくなっていますので、お並びいただいてもご購入いただけない可能性があります!!!」と何度も煽られながら1時間並んでようやくバナナタブレット確保。

売り切れはなかったものの、人混みのなか並ぶのツラすぎたからこれなら開店1時間前に並んで速攻買った方がよかったですね、はい。

Sponsered Link

そのあとは会場を2周くらいウロウロして12時過ぎにフィニッシュ。

イートインはそんなに混んでいなかったけれど、マスク外したくなかったのと、狭間隔に敷き詰められた仕切りのアクリルパネルにやっぱりテンションが盛り下がって断念。

一席ごとのアクリルパネルって、なぜかラーメン以外は解せない。逆になぜかラーメンだけは気にならないのなんなんだろう・・。

そんなこんなで買い物終了

サロショ, サロンデュショコラ, 伊勢丹新宿, 2021

ということで、こちらが最終的な購入品。

ジュン・ウジタのほかに『フリスホルム』というデンマークのブランドの板チョコも購入。思いの外予算が浮いたので(関係ないけど)デパ地下でワインも一本。サロショガチ勢ではないので大体いつもこんなもんです。

Sponsered Link

【購入品1】ジュン・ウジタのタブレット

ジュンウジタ, サロショ, サロンデュショコラ, 伊勢丹新宿, 2021

1つ目の購入品は、ジュン・ウジタのタブレット「ブランキャラメリゼバナーヌ」。焦しキャラメルブランにラム酒漬けのバナナチップを散らした一枚。1300円くらい。

パッケージを開けると一気に焦がしキャラメルとバナナの香り!リンドールみたいな甘々チョコが大好物なので、パキッと割れるチョコより、スッと割れるこういうスイーツ系チョコの方が生クリームいっぱい入ってるんだなと安心する。笑

そして最高に美味しい!「あ、これは美味しいわ」と独り言出ちゃうくらい素晴らしく美味しい。思ったよりスッキリしているのに奥深い味で、小ぶりだけどこの小さい一粒でしっかり満足できます。

市販のチョコはお菓子って感じがするけどこれは完全にスイーツ。たぶん表現間違ってるけど、ケーキ食べてるみたいな満足感!しあわせ〜。あと10枚くらいストックほしい。しつこいけれど、まじで美味しい。

Sponsered Link

【購入品2】ジュン・ウジタのボンボンショコラ

ジュンウジタ, サロショ, サロンデュショコラ, 伊勢丹新宿, 2021

2つ目もジュン・ウジタさんから。カタログにはなかったボンボンショコラの5個入りがあったので思わずゲット(なんせ1時間も並んだからな・・)。1800円くらい。

絶対にハズレのないラインナップで、もちろん美味しく、全体的に洋酒感は抑えめな感じで、上品なお味。個人的にはカフェが一番好きかな。ガナッシュは常温が一番美味しい今が最高よね。

【購入品3】フリスホルムのタブレット

フリスホルム, サロショ, サロンデュショコラ, 伊勢丹新宿, 2021

最後は『フリスホルム』のホワイトニブというチョコレート。エクアドル産のカカオバターを使ったホワイトチョコにカカオニブがたっぷり入っている、ちょっと変わり種。2300円くらい。

これもカタログで見て気になっていて、板チョコの2000円超えに戸惑いつつも目の前で減っていくのを見て購入。笑

一口食べて、ホワイトチョコレートの概念を崩されるくらい甘くなくてびっくり。こんなにスッキリしたホワイトチョコ、生まれてこのかた出会ったことない。カカオニブのカリカリ感がまたいいんだけど、とにかく甘くないホワイトチョコ部分が気になって正直カカオニブが入ってこない(笑)。

どちらかというと、ミルクチョコレートを食べている感覚に近いのかなあ。でもそれ以上に、ほんとに甘さ控えめでスッキリしていて不思議な感じ。20代でもまだ早い、大人すぎる一品でした。でも、個人的にはこれが一番好き!

Sponsered Link

ということで以上!Part2より間違いなく落ち着いて楽しめるのがPart1。

そして、今年もコンパクトながらに楽しめたけど、やっぱり試食がないのと海外のシェフが来れないのがな〜。イベントっていうより催事感が・・。

来年はまた華やかなサロショが開催できますように!

この記事をシェアする!
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

-▷おでかけとイベント


コメントをする

関連記事

目黒川,花見,4月

「目黒川の桜を見ながらお酒を飲もうの会」開催

3日前に「目黒川で花見やるんだけど来ない?」とお誘いがあったので、極寒の中まだ満開には程遠い桜を見に行きました。ずいぶん …

伊勢丹新宿,フランスウィーク

伊勢丹新宿の「フランスウィーク」に潜入!

昨日から伊勢丹新宿でフランスウィークが開催中。初日に軽〜い気持ちで覗いてみたらえらい大盛況で驚いた。それもそのはず。この …

サロン・デュ・ショコラ, 2018, チケット

全力でお勧めしたい!サロン・デュ・ショコラ2018

今日22日から一週間開催される、年に1度のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」。毎年行こうか悩みつつ、入場までに …

プロフィール

名前:haruno / 気が向いたときにサクッと一人旅するのが好きな東京人です。だいたい映画と旅行と美味しいもののはなし。 more