▷おでかけとイベント

全力でお勧めしたい!サロン・デュ・ショコラ2018

2018/01/22

今日22日から一週間開催される、年に1度のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」。毎年行こうか悩みつつ、入場までに2〜4時間待ちというので諦めていたこのイベント。

それが今年からなんと!入場チケット制になりました。1時間ごとの入場時間枠が決まっていて、ひと枠に最大1000人まで。もうこれは行くしかないでしょう!各ブランドの実演テイクアウト・イートインメニューもものすごく充実しているみたいなので、それメインでふらっと行ってみました。

Sponsered Link

 今年のSDCは夕方以降が穴場

サロン・デュ・ショコラ, 2018, チケット

私が行った21日と20日はエムアイカード会員限定日。ようは、入れるのは三越伊勢HD提携のクレジットカードを持っている人のみ。「え、なにそれ全然倍率低いじゃーん」と思われそうだけど、全然普通にチケットは争奪戦。むしろカード持っている人の方が本気説。

限定個数のものが買えるかもしれない午前中と昼間の時間は早々に売り切れ。21日でようやく17時からのチケットが買えるかな、という程度です。結果としては、私みたいな特に目当てのチョコレートはないけど、なんとなーく行ってみたいだけの意識低めの人は17時以降でだいぶ満喫できます。おすすめ。

あと、ふらっと行ってもがっつり並ぶので、ふらっとは入場できません。

サロン・デュ・ショコラ, 2018, チケット
カタログとフリーペーパー

去年や年始の時点でチケットを買っていた人は郵送されるみたいですが、1月15日以降にチケットを購入した人は当日チケットのQRコードと引き換えに100ページ以上ある立派な冊子がもらえます。

もう1つのフリーペーパーも、かなり読み応えがあって面白いので、行かれた方は是非一冊お持ち帰りください。サロン・デュ・ショコラの本気はすごいです。

日本から世界のショコラまで大充実

サロン・デュ・ショコラ, 2018, ブログ
明治のブース

大ホールと小ホールの2大体制で見渡すばかりのチョコレート。フワフワしていて写真撮るのすっかり忘れてしまったけれど、デパ地下の店舗が全部チョコレート関連のお店になった感じ。

比較的多くのお店で試食させてもらえるので、一口いただきながら商品説明を受けて「これもいいな、あれもいいな」と候補ばかりが増えていく始末。でもこう、一気に食べ比べると、やっぱりチョコレートは産地と含有量の違いだけでもまったく違うなと素人ながら感心します。

さて、2日目の夕方は結構ガラ空きでめちゃくちゃ快適でしたが、それでも人気店や実演スイーツ系はそこそこ並んでいたり。昨今話題の「meiji THE Chocolate」ではカカオ豆そのものの説明から製造過程を一挙実演。並ぶの面倒で遠くから盗み聞きして満足しました。でも、本当勉強になります。

サロンデュショコラ, イートイン, 実演販売

ソフトクリームにグラッセにカヌレにフォンダンショコラにサンドウィッチにカカオドリンク。どれもこれも美味しそうな実演メニューやテイクアウトに心奪われつつ、試食のチョコレートの食べ過ぎて胃もたれハプニング。

ひとかけらのチョコレートでも、10箇所回ればそこそこの量になるからね・・・。1つのお店で食べ比べさせてくれたりもするし、実際10箇所なんてものじゃ済まないし。

ついに気分は「ドリンクまでカカオなのやめて!」と叫びたくなるほど。あれ、私チョコレート好きなはずなのに・・・。世の中にはすごいチョコラバーの方々がたくさんいるんだなあ。

Sponsered Link

お気に入りのショコラを発見!

サロン・デュ・ショコラ, レポート
J=M.モルトローのディスプレイ(一部)

8割くらいのお店を回ったなかでもっとも気に入ったお店が「ジャン=ミッシェル・モルトロー」。

フランス発のブランドで、すべてオーガニック・ショコラ。もともとオーガニック農家のもとで育ったジャン=ミッシェル・モルトローが、ナントにオープンしたオーガニックレストランでショコラを提供していたのが始まりだとか。

ビジュアルの美しさに加え、一番に驚いたのがその口どけ。スッとなめらかに、舌の上をはって喉に落ちていく感じ・・・味わいも良い意味で癖がなく、とにかく美味しい。

さらに、こちらのお店のスタッフの方の話術・対応が心から素晴らしかったです。商品の説明も何聞いても10倍の情報量で、だけど初心者にもわかりやすく教えてくれて、「今日食べたチョコレートのなかで一番好みです!本当に美味しい!」というと、「疲れたときとか、帰り際、いつでも食べに寄ってくださいね」とのこと。殺気立った場内で超癒されました。

世界各国のシェフも来日していて、購入品やパンフレットにサインもらってる人も。「Sadaharu AOKI paris」の青木シェフなんて、焼きたてカヌレを他店のシェフに配り回ってたよ。みなさん仲良さげで微笑しかった・・・。

ジャン・ミッシェル・モルトロー, チョコレート
購入品

「何も買わない」と実は心に決めていたのに、結局少しだけ。ジャン=ミッシェル・モルトローで自分用に「ヴォヤージュ・デュ・カカオ・ビオ」。そのネーミングの通り、ショコラ・パスポートがついていて、順番に、パスポートに記入しながら完成させる面白い試みのチョコレートです。一粒ずつ、大切に食べよう・・・。

ちなみにこちらのショコラ、基本的にはパリで提供されているのはタブレットのみで、J=M・モルトローがバレンタインに合わせて、日本のお客さんのために作っているのだとか。愛を感じる。

それからもう1つ、カタログを見て気になっていた「マーレン・クーチャンス」の「ボンボン・アソート」をプレゼントに。ベルギーに行った時に気になっていたお店で、サロン・デュ・ショコラ初出店だそう。パッケージデザインもおしゃれだけど、中身もアート的でかなり素敵。

そしてこちらのお店も店員のお兄さんが親身で、お忙しいのにちょっとした雑談にも付き合ってくれる魅力的な方でした。こちらのショコラはひとつひとつ手作りで、合わせるフレーバーによってカカオを変えており大量生産できないそうで、ビジュアルが柔らかいのもそのおかげなのかも。

まとめ!

サロン・デュ・ショコラ、本当に行ってよかった!ほんの少しでもチョコレートが好きな方に、心からおすすめします!知らないショコラにたくさん出会えたし、一般人が一挙にこんなに多くのチョコレートを楽しめる機会はまずないんじゃないでしょうか。

チケット制と期間の長期化のおかげで、快適なのも◎。散々言ってきたショコラティエのJ=M・モルトローさんが2月5日にいらっしゃるそう!惜しかったー!

サロン・デュ・ショコラ公式サイトはこちら。チケットの購入やデジタル・カタログが見られます。

この記事をシェアする!
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

-▷おでかけとイベント


コメントをする

関連記事

目黒川,花見,4月

「目黒川の桜を見ながらお酒を飲もうの会」開催

3日前に「目黒川で花見やるんだけど来ない?」とお誘いがあったので、極寒の中まだ満開には程遠い桜を見に行きました。ずいぶん …

伊勢丹新宿,フランスウィーク

伊勢丹新宿の「フランスウィーク」に潜入!

昨日から伊勢丹新宿でフランスウィークが開催中。初日に軽〜い気持ちで覗いてみたらえらい大盛況で驚いた。それもそのはず。この …

プロフィール

名前:haruno / 気が向いたときにサクッと一人旅するのが好きな東京人です。だいたい映画と旅行と美味しいもののはなし。 more