映画のはなし

第89回アカデミー賞の予想と結果

2017/02/27

今年もアカデミー賞が発表されましたね。毎年、勝手に一応受賞作の予想と答え合わせをすることにしているのですが、今年は分からなければ『ラ・ラ・ランド』みたいな雰囲気があったので簡単でした。結構外れたけど。

Sponsered Link

作品賞

<予想>
『ラ・ラ・ランド』『ムーンライト』
<受賞>
『ムーンライト』

これは最後まで決めかねて二つ予想するというズルをしました。作品賞がこのどちらかが選べれることは決まっていたようなものなので、ちょっと情けない予想をしてしまった。そして受賞は『ムーンライト』。この映画をフランスで観たとき、アカデミーというより三大映画祭でグランプリ取ってそうな映画だと思ったので、アカデミー賞だったら『ラ・ラ・ランド』が優勢かななんて予想してたのですが。それより、手違いで一時は受賞したと思われた『ラ・ラ・ランド』チームは可愛そうだったな。

監督賞

<予想>
デイミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』
<受賞>
デイミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』

正直、作品賞が『ラ・ラ・ランド』で監督賞が『ムーンライト』だと思っていた。個人的に『ラ・ラ・ランド』を作ってくれてありがとうございますという気持ちを込めて、監督賞はデイミアン・チャゼル監督に受賞してほしかったので嬉しい結果。

主演男優賞

<予想>
ライアン・ゴズリング『ラ・ラ・ランド』
<受賞>
ケイシー・アフレック『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

納得。我ながら『ラ・ラ・ランド』に惚れ込みすぎているので、何でもかんでも『ラ・ラ・ランド』に一投してしまう節があると思う。

主演女優賞

<予想>
エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』
<受賞>
エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』

これは圧勝でしょう。

助演男優賞

<予想>
マハーシャラ・アリ『ムーンライト』
<受賞>
マハーシャラ・アリ『ムーンライト』

助演女優賞

<予想>
ナオミ・ハリス『ムーンライト』
<受賞>
ビオラ・デイビス『Fences』

『ムーンライト』のナオミ・ハリスは「圧倒的存在感」でした。だから自信あったけど、『Fences』は観ていないのでなんとも言えないな。

脚本賞

<予想>
デイミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』
<受賞>
ケネス・ロナーガン『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

脚色賞

<予想>
オーガスト・ウィルソン『Fences』
<受賞>
バリー・ジェンキンス、タレル・アルビン・マクレイニー『ムーンライト』

完全に勘で予想して、見事に撃沈。

Sponsered Link

視覚効果賞

<予想>
『ドクター・ストレンジ』
<受賞>
『ジャングル・ブック』

このあたりはもはやどちらでもいいかな・・・。『ジャングル・ブック』はCGの集大成、『ドクター・ストレンジ』は三半規管が強い人向け。酔う。

美術賞

<予想>
『ラ・ラ・ランド』
<受賞>
『ラ・ラ・ランド』

撮影賞

<予想>
リヌス・サンドグレン『ラ・ラ・ランド』
<受賞>
リヌス・サンドグレン『ラ・ラ・ランド』

衣装デザイン賞

<予想>
コリーン・アトウッド『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
<受賞>
コリーン・アトウッド『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

長編ドキュメンタリー賞

<予想>
『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』
<受賞>
『O.J.:メイド・イン・アメリカ』

長編アニメ映画賞

<予想>
『ズートピア』
<受賞>
『ズートピア』

『レッド・タートル』とどっちが取るか?と思っていたけど、やっぱり『ズートピア』だった。『ズートピア』は大人にもおすすめできるアニメーションです。

音響編集賞

<予想>
『ラ・ラ・ランド』
<受賞>
『メッセージ』

歌曲賞

<予想>
「City of Stars」『ラ・ラ・ランド』
<受賞>
「City of Stars」『ラ・ラ・ランド』

作曲賞

<予想>
ジャスティン・ハーウィッツ『ラ・ラ・ランド』
<受賞>
ジャスティン・ハーウィッツ『ラ・ラ・ランド』

メイク・ヘアスタイリング賞

<予想>
『スーサイド・スクワッド』
<受賞>
『スーサイド・スクワッド』

このあたりもなんでもいいのですが、『ラ・ラ・ランド』や『ムーンライト』と『スーサイド・スクワット』を同じ「アカデミー賞受賞作」と言ってしまうのにはとてつもなく違和感があるような。

外国語映画賞

<予想>
『ヒトラーの忘れもの』(デンマーク)
<受賞>
『セールスマン』(イラン)

割愛

このあたりはよく分からないので割愛。()内が受賞作。
編集賞(ジョン・ギルバート『ハクソー・リッジ』)、録音賞(『ハクソー・リッジ』)、短編アニメ映画賞(『ひな鳥の冒険』)、短編実写映画賞(『合唱』)、短編ドキュメンタリー賞(『ホワイト・ヘルメット シリア民間防衛隊』)

参考リンク:映画.com アカデミー賞特集 受賞・結果速報

パリ,フランス,映画館,シネコン
フランスのシネコン

まとめ

ちょうどフランスでは賞レース作品がたくさん上映されていたので、とりあえず一通り観ましたが『ラ・ラ・ランド』にかんしては偏愛が過ぎるので別として、『ムーンライト』も含め良い場面もあればそうでない場面もあるという印象を受けました。『ムーンライト』ですら、もうセクシュアリティな描写はいいよ、と思ったくらい。時代の流れで仕方ないのかもしれないけど、最近ジェンダーとかセクシュアリティを切り取った映画が多すぎてしんどくなることがが時々ある。だからこそ純粋にハッピーで楽しい『ラ・ラ・ランド』にはまったのかもしれません。

あと、そういえばマーティン・スコセッシ監督の『沈黙』は完全スルーですね。少なからずアカデミー賞を意識して作った映画だと思うけど。『沈黙』はあと10年くらい公開が早ければよかったかも?公開タイミングとターゲットを見誤った感は否めません。

この記事をシェアする!
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

-映画のはなし


コメントをする

関連記事

ゲオ,レンタルショップ

引きこもりのワケ

日本出発まで、怒涛の勢いで映画を観る。GEOをはしごして一気に19本借りてきました。 3年くらい前からDVDレンタルはG …

プロフィール

名前:haruno / 気が向いたときにサクッと一人旅するのが好きな東京人です。だいたい映画と旅行と美味しいもののはなし。 more