≫2001年〜の映画

新しいSF映画『メッセージ』

2017/05/21

観た映画。2017年度のアカデミー賞®︎で音響編集賞を受賞したSF映画『メッセージ(原題:Arrival)』。

『メッセージ』(オリジナル・サウンドトラック)

ポスタービジュアルにもある巨大な細長い物体は、ある日突然地球上に12個も現れた謎の宇宙船。映画を観ると、至って真面目なものとわかるのですが、これが日本では「柿の種みたい」とか「さっき「ばかうけ」食べたからそれにしか見えない」とかいうので話題になっていますね。

それはさておき、本作は「言葉とコミュニケーション」をテーマにしたSFです。派手さこそないものの、文字や言葉を使ってエイリアンが人類に訴えかける深い作品。アカデミー賞®︎を受賞しているだけあり、音響も印象的です。

正直何が何だかよく理解できませんでしたが、見たという人に聞いたら「良かった!泣いたよ!」とのこと。あぁこれ、泣ける映画なんだ・・・。

Sponsered Link

宇宙船がやってきた目的とは

言語学者のルイーズ・バンクス(エイミー・アダムス)は、大学での講義中に、突如世界各国に12体の巨大な宇宙船が現れたことを知る。彼女は国家の要請を受け、言語学者という立場から、同じく要請を受けて参加している物理学者のイアン(ジェレミー・レナー)とともに宇宙船と何らかの交信を試みようと奮闘。

そして彼女たちは宇宙船の中に入り宇宙人を目撃する。タコの足のようなものがあることから彼らを「ヘプタポッド」と名付け、接触していくと、ヘプタポッドは円形の「表象文字」というものを使い人間とコミュニケーションを取ることができるとわかる。

ルイーズたちアメリカチームが時間をかけてヘプタポッドと交信している間にも、他国ではそれらが侵略者であり脅威であると攻撃を仕掛け、中国に至っては「核攻撃をする」と宣言。全世界で起こっている問題にもかかわらず協力の姿勢を見せない国々と、少しずつヘプタポッドとの距離を近づけていくルイーズ。

「なぜ宇宙船は地球に現れたのか?彼らは何を伝えようとしているのか?ルイーズが彼らから何のメッセージを受け取ったのか?」おそらくこのあたりがポイントになる映画だと思います(よくわかってない)。

油断禁物のどんでん返し

原作は中国系アメリカ人作家テッド・チャンによる「あなたの人生の物語(原題:Story of Your life)」で、映画のタイトルは「Arrival(到着)」。このことからも原作と映画は伝えたいことそのものが異なっているのだと思います。原作は面白いみたいなので是非読んでみたい。

映画は全編を通して細かい突っ込みどころが多々あり、映像化の難しいテーマの作品としては素晴らしい出来であると思うのですが、途中、突然男性のナレーションを入れて過程を端折ってしまったり、もう少し丁寧になぞってほしかったという印象です。

というか、少し気を抜くと一瞬で置いていかれてしまうので注意。自分としては気を抜いていたつもりはなかったのですが、後半急に色んなことが紐解かれたうえに、ラストでびっくり仰天な事実を突きつけられることになるので解決した要因も、肝心な宇宙人の正体を理解することなくエンディングになってしまいました。モヤモヤしたまま終わり、ちょっと考えてみてもやっぱりモヤモヤする。

一番腑に落ちなかったのはルイーズが中国の将校に告げた言葉。ルイーズが「○○って言ったのよ」みたいな感じで微笑んでラストを迎えてくれたら良かったのになあ。さすがに、何て言ったのかまで想像するのは難しいので。

賛否両論かと思っていたら見た限り高評価の多い本作。あれ、私どこか見間違えたかな・・・。

作品情報

【監督】ドゥニ・ビルヌーブ(『ボーダーライン』ほか)
【キャスト】エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、ほか
【製作年】2016年
【製作国】アメリカ
【上映時間】116分
【配給】ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
【公式サイト】http://www.message-movie.jp

この記事をシェアする!
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

-≫2001年〜の映画


コメントをする

関連記事

センター分け、はじめました。

観る度に増す『ラ・ラ・ランド』の魅力を考える

今日は3月1日、ファーストデー。なのにたった1日も我慢できず昨日『ラ・ラ・ランド』をIMAXシアターで観てきました。気に …

センター分け、はじめました。

武器を持たず戦場へ行った男の実話『ハクソーリッジ』

観た映画。2017年度のアカデミー賞®︎で編集賞と録音賞の2部門を受賞した、メル・ギブソン監督の『ハクソー・リッジ』(原 …

センター分け、はじめました。

都会で今を生きるということ『夜空はいつでも最高密度の青色だ』

観た映画。『舟を編む』や『バンクーバーの朝日』などの石井裕也監督による最新作『夜空はいつでも最高密度の青色だ』。 詩人で …

プロフィール

名前:haruno / 気が向いたときにサクッと一人旅するのが好きな東京人です。だいたい映画と旅行と美味しいもののはなし。 more